Reuters logo
19日の香港市場見通し:しっかりか、米株高と原油上昇が支えに
2017年10月19日 / 01:00 / 1ヶ月後

19日の香港市場見通し:しっかりか、米株高と原油上昇が支えに


*09:56JST 19日の香港市場見通し:しっかりか、米株高と原油上昇が支えに
19日の香港市場は、米株高と原油上昇が好感される展開か。外部環境はポジティブ。昨夜の米株市場では、主要指標のNYダウが0.7%高と4日続伸し、史上最高値を3日続けて更新した。ハイテク株比率の大きいナスダック指数は前日比0.01%高と反発し、小幅ながら再び最高値を切り上げている。好調な企業業績が相次ぎ、投資家心理を上向かせた。個別では、四半期決算が予想を上回ったIBMが約9%高と上げが目立つ。米景気の先行きも楽観。米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した米地区連銀景況報告(ベージュブック)では、ハリケーンの影響で米南部の経済活動がやや滞ったものの、「全地区で拡大傾向は続いた」と総括した。

中国国内の環境も落ち着いている。18日の本土株市場では、主要指標の上海総合指数が0.3%高と反発。第19回共産党大会が開幕するなか、政策期待が高まった。焦点となる指導部人事に関連し、習近平・国家主席のプレゼンスがさらに強まる見込み。同氏の進める政策がより強化されるとみられている。また、24日までの党大会期間中は、当局が株式相場を安定させる——との思惑も広がった。

なお、本日は取引時間中(日本時間11時ごろ)に、第3四半期の国内総生産(GDP)成長率や9月の重要経済指標(小売売上高や固定資産投資、鉱工業生産など)がまとめて発表される予定だ。注目のGDP成長率に関しては、前期の6.9%から6.8%にやや減速したとの見方が優勢。ただ、中国人民銀行(中央銀行)の周小川・総裁は今月15日、2017年下半期のGDP成長率が7.0%にやや加速するとの見通しを示した。中国政府は17年通年のGDP成長率について、目標値を「6.5%前後」に設定している。

こうした環境の下、本日の香港市場は全体としてしっかりか。米株の高値更新や、原油上昇(昨夜のWTI原油先物は4日続伸)が追い風となる。また、GDP成長率が予想以上で着地した場合は、相場が一段高となる可能性もあろう。

【亜州IR】





《NH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below