Reuters logo
20日の中国本土市場概況:上海総合0.3%高と5日ぶり反発、深セン創業板は1.4%上昇
2017年11月20日 / 08:39 / 22日前

20日の中国本土市場概況:上海総合0.3%高と5日ぶり反発、深セン創業板は1.4%上昇


*17:33JST 20日の中国本土市場概況:上海総合0.3%高と5日ぶり反発、深セン創業板は1.4%上昇
週明け20日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比9.49ポイント(0.28%)高の3392.40ポイントと5日ぶりに反発している。上海A株指数も上昇し、9.95ポイント(0.28%)高の3552.98ポイントで取引を終えた。

個人投資家のセンチメントが上向く。ベンチャー企業株で構成される深セン創業板指数は一時2.1%安と、約3カ月ぶりの安値まで売られたが、中盤から買いが入り1.4%高で引けている。全体相場も後場に入り、買いが徐々に優勢となった。

上海市場でもITハイテク関連株が急伸。電子・通信機器メーカーの航天信息(600271/SH)が8.1%高、太陽電池関連メーカーの北京京運科技(601908/SH)が8.0%高で引けた。バイオ医薬関連株も物色される。石炭株やセメント株、発電設備株もしっかり。

銀行株も高い。第3四半期(7~9月期)貨幣政策執行報告が公表され、「中立の金融政策スタンスを今後も継続する」と記されたことなどが買い安心感を誘う。一部では、引き締め的な金融政策に対する警戒感が強まっていた。

一方、不動産株はさえない。緑地控股(600606/SH)が2.2%安、金地集団(600383/SH)が1.3%安と値を下げている。中国国家統計局が18日公表した10月の主要70都市・新築住宅価格動向では、前月比の値上がり都市数が9月の44から50に増加したことが分かった。不動産引き締めの動きが不安視されている。

外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が0.60ポイント(0.17%)高の342.70ポイント、深センB株指数が4.92ポイント(0.41%)安の1182.94ポイントで終了した。


【亜州IR】



《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below