December 15, 2017 / 8:01 AM / a month ago

15日の中国本土市場概況:上海総合0.8%安と続落、資源・素材セクターさえない


*16:59JST 15日の中国本土市場概況:上海総合0.8%安と続落、資源・素材セクターさえない
15日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比26.30ポイント(0.80%)安の3266.14ポイントと続落した。上海A株指数も下落し、27.63ポイント(0.80%)安の3420.53ポイントで取引を終えている。

中国の金利高を警戒。中国人民銀行(中央銀行)は14日、中期流動性ファシリティ(MLF)とリバースレポの金利を引き上げた。上海銀行間取引金利(SHIBOR)の上昇基調は止まらず、3カ月物はこの日、約2年8カ月ぶりの高い水準を切り上げている。金融政策を巡っては、週明け18~20日に「中央経済工作会議」が開催される見通し。金融デレバレッジ(負債圧縮)の強化などがその場で打ち出される——との観測がある。

業種別では、景気動向に敏感な素材株の下げが目立つ。中国中煤能源(601898/SH)が1.4%安、宝山鋼鉄(600019/SH)が3.0%安、洛陽モリブデン(603993/SH)が2.9%安、華新水泥(ファシン・セメント:900933/SH)が5.3%安で引けた。前日公表された11月の経済指標低迷を背景に、中国景気の鈍化懸念が広がっている。不動産株も安い。金利高のデメリットが意識された。そのほか、ITハイテク関連株やバイオ医薬関連株、金融株、自動車株、運輸株、インフラ関連株など幅広く売られている。

一方、河北省での「雄安新区」設立に絡み同地や北京、天津などに事業拠点を置く銘柄群が逆行高。送配電機器の保定天威保変電気(600550/SH)が3.1%、下水処理の天津創業環保集団(600874/SH)が2.2%、インフラ・公共設備運営の北京首創(600008/SH)が1.5%ずつ値を上げた。同新区のインフラ整備は始まったばかり。18年度は開発投資が加速する見込みだ。

外貨建てB株相場は値下がり。上海B株指数が0.10ポイント(0.03%)安の336.65ポイント、深センB株指数が10.74ポイント(0.93%)安の1146.25ポイントで終了した。

【亜州IR】



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below