December 21, 2017 / 8:06 AM / a month ago

21日の中国本土市場概況:上海総合0.4%高と反発、不動産セクターに買い


*17:00JST 21日の中国本土市場概況:上海総合0.4%高と反発、不動産セクターに買い
21日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比12.45ポイント(0.38%)高の3300.06ポイントと反発した。上海A株指数も上昇し、13.05ポイント(0.38%)高の3456.14ポイントで取引を終えている。上海総合指数は約1週ぶりに、心理的節目の3300ポイントを回復して引けている。

重要会議の通過で買い安心感が広がる展開。20日閉幕した翌年度・経済政策の基本方針を決める「中央経済工作会議」では、今後3年にわたり「金融リスクの抑制」に重点を置く方針が示されたものの、デレバレッジ(負債圧縮)に関する直接的な言及はなかった。2018年に「より質の高い経済発展」を目指すとして、経済政策の指針を“量から質へ”シフトさせる考えが強く打ち出されている。

業種別では、不動産株の上げが目立つ。保利地産(600048/SH)が7.8%高、金地集団(600383/SH)が2.2%高とそろって反発した。中央経済工作会議のなかでは、2018年の重要政策課題の一つとして「『租購(賃貸・購入)並挙』の住宅制度を確立する」との方針が示されている。調査機関によれば、中国の賃貸住宅市場は2030年に4兆人民元(約69兆円)規模まで拡大する見込みという。16年時点では1兆1000億人民元だったが、20年に1兆6000億人民元、25年に2兆9000億人民元まで拡大していくとの予測だ。

鉄鋼や非鉄、セメントなど素材株も高い。前述した会議では、「供給サイド改革の進化」が重要課題の一つとして挙げられた。自動車株、ITハイテク関連株、軍需関連株、保険株なども買われている。

半面、銀行株の一角はさえない。交通銀行(601328/SH)が0.5%安で引けた。ゼネコン株も安い。中国鉄建(601186/SH)が1.7%下落した。18年は財政出動がやや控えめになると市場関係者が指摘するなか、インフラ投資も減速するとの不安がくすぶっている。

外貨建てB株相場は値上がり。上海B株指数が1.02ポイント(0.30%)高の337.63ポイント、深センB株指数が1.26ポイント(0.11%)高の1153.13ポイントで終了した。

【亜州IR】



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below