January 31, 2018 / 2:06 AM / 7 months ago

概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数は弱含み、アジア諸国の株安を嫌気して売りが優勢


*11:00JST 概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数は弱含み、アジア諸国の株安を嫌気して売りが優勢
【ブラジル】ボベスパ指数 84482.46 -0.25%
30日のボベスパ指数は続落し、前日比215.56ポイント安(-0.25%)の84482.46で取引を終えた。外部環境の悪化が嫌気されたようだ。

報道によると、テメル大統領は29日に出演したテレビ番組で、「年金改革法案を支持する議員が増えており、2月か3月の議会承認を予想している」と述べた。市場関係者の間では、法案は2月中に承認される可能性があるとの見方が浮上していが、3月中の法案成立でもプラス材料になるとの声が聞かれている。ボベスパ指数の構成銘柄では、29が上昇、35が下落。

【ロシア】MICEX指数 2280.36 -0.17%
30日のロシアMICEX指数は若干弱含み。2264.16から2301.98で推移し、3.91ポイント安(-0.17%)の2280.36で取引終了。アジア・欧州の株安が嫌気されたようだ。

なお、米国はロシアに対する新たな制裁措置を講じるが、欧州連合(EU)は、対ロシア制裁の強化を支持しないことを決めており、ロシア株式に対する支援材料になるとの見方が多い。

【インド】SENSEX指数 36033.73 -0.69%
30日のインドSENSEX指数は弱含み。前日比249.52ポイント安(-0.69%)の36033.73、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同80.75ポイント安(-0.73%)の11049.65で取引終了。

アジア諸国の株安を嫌気して売りが優勢となった。SENSEX指数構成銘柄では、8が上昇、23が下落。タタ・スチール(TATA)はしっかりとなったが、アジアン・ペインツ(APNT)、コタック・マヒンドラ銀行(KMB)などの下げが目立った。

【中国本土】上海総合指数 3488.01 -0.99%
30日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比34.99ポイント安(-0.99%)の3488.01ポイントと続落した。

原油安が逆風。昨夜のWTI原油先物は反落し、この日の時間外取引でも安く推移している。31日に今年1月の製造業PMIが発表される予定。買い手控えムードも漂った。





《NH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below