February 20, 2018 / 9:05 AM / 4 months ago

20日の香港市場概況:ハンセン0.8%安で4日ぶり反落、HSBCが3.1%下落


*18:00JST 20日の香港市場概況:ハンセン0.8%安で4日ぶり反落、HSBCが3.1%下落
春節(旧正月)連休明け20日の香港市場は値下がり。主要51銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比241.80ポイント(0.78%)安の30873.63ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が138.64ポイント(1.11%)安の12396.87ポイントとそろって4日ぶりに反落した。売買代金は1078億4400万香港ドルとなっている(半日商いの15日は769億900万香港ドル)。

中国発の買い材料を欠くなかで売られる展開。春節の大型連休に伴い、本土市場は今週21日まで休場となる。重要な経済指標の発表などもなく、ニュースフローに乏しい状況だ。前引け後に発表した通期決算の内容を嫌気し、HSBC(5/HK)が後場からマイナスに転じたことも全体相場の重し(3.1%安で終了)。HSBCの税引き前利益は前年比で2.4倍に拡大したものの、為替調整後では11%増にとどまり、市場予想には届かなかった。同社は指数寄与度が大きいため、ハンセン指数を1銘柄で98ポイント押し下げている。

業種別では、H株金融セクターがさえない。招商銀行(3968/HK)が2.9%安、中国銀行(3988/HK)が2.1%安、中国建設銀行(939/HK)が1.8%安、中信証券(6030/HK)が2.1%安、中国平安保険(2318/HK)が2.0%安で引けた。

中国の不動産セクターも安い。広州富力地産(2777/HK)が3.2%、碧桂園HD(2007/HK)が2.0%、万科企業(チャイナ・ヴァンカ:2202/HK)が1.9%、華潤置地(1109/HK)が1.5%ずつ値を下げた。

半面、ハイテク関連セクターはしっかり。光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)と小型電子部品メーカーの瑞声科技HD(AACテクノロジーズ:2018/HK)がそろって2.6%高、ICパッケージング・テスティング機器大手のASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)が2.0%高、ICファウンドリー中国最大手の中芯国際集成電路製造(SMIC:981/HK)が1.3%高と値を上げた。舜宇光学に関しては、「通期の純利益が120%を超える伸びを示す」との見通しを12日に明らかにしたことが引き続き材料視されている。

【亜州IR】



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below