July 11, 2018 / 8:00 AM / 4 months ago

11日の中国本土市場概況:上海総合1.8%安で4日ぶり反落、米中貿易戦争を懸念


*16:59JST 11日の中国本土市場概況:上海総合1.8%安で4日ぶり反落、米中貿易戦争を懸念
11日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比49.85ポイント(1.76%)安の2777.77ポイントと4日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、52.21ポイント(1.76%)安の2909.09ポイントで取引を終えている。

米中貿易戦争の懸念で売られる流れ。トランプ米政権は朝方(日本時間)、新たに10%の追加関税を課す中国製品2000億米ドル相当の対象リストを公表した。米政権はこれ以前に、中国の知的財産権侵害に対抗するとして500億米ドル相当の中国製品に25%の追加関税を課すことを決定(うち340億米ドル分は7月6日に発動)。中国側も同規模の報復措置を打ち出している。中国商務部は11日、米国の動きを「断じて受け入れられない」とする報道官談話を発表。前回と同様に、「反撃せざるを得ない」との姿勢を示した。米中の対立が長期化するとの見方も強まり、中国経済にダメージをもたらすと不安視されている。上海総合指数の構成銘柄は、ほぼ全面安となった(9割超がマイナス)。

業種別では、成長性の高いハイテク関連の銘柄群が安い。システム開発の用友網絡(600588/SH)が5.9%、スーパーコンピュータ大手の曙光信息産業(中科曙光:603019/SH)が4.2%ずつ下落した。景気動向に敏感な資源・素材株も下げが目立つ。永泰能源(600157/SH)が4.6%安、江西銅業(600362/SH)が4.1%安、宝山鋼鉄(600019/SH)が2.5%安で引けた。不動産株も急落。大手の金地集団(600383/SH)が9.4%安と値を下げた。

外貨建てB株の相場も値下がり。上海B株指数が5.14ポイント(1.76%)安の286.76ポイント、深センB株指数が12.07ポイント(1.14%)安の1043.10ポイントで終了した。


【亜州IR】





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below