September 19, 2018 / 7:58 AM / a month ago

19日の中国本土市場概況:上海総合1.1%高で続伸、不動産セクターに買い


*16:53JST 19日の中国本土市場概況:上海総合1.1%高で続伸、不動産セクターに買い
19日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比30.90ポイント(1.14%)高の2730.85ポイントと続伸し、約2週間ぶりの高値水準を回復している。上海A株指数も上昇し、32.38ポイント(1.15%)高の2859.84ポイントで取引を終えた。

中国の政策期待が広がる。2019年1月1日付で改正される「個人所得税法」では、住宅ローン金利などが所得から控除される見通しだ。元安懸念の後退もポジティブ。李克強・首相は19日、天津で開催中の夏季ダボス会議で講演し、「人民元の下落は弊害が大きい」と述べ、人民元安を望まない姿勢を明確にした。

米中貿易摩擦の警戒感も一段と薄らいでいる。トランプ政権は「制裁関税第3弾(中国製品2000億米ドル相当を対象)を24日に発動する」と発表し、中国は600億米ドル相当の米国製品に関税をかける報復措置を公表したが、市場では「想定より厳しくない内容にとどまった」との声が聞かれた。前日の急伸を受けた利食い売りが先行したものの、下値は固く、指数は徐々に上げ幅を拡大した。

業種別では、不動産デベロッパーの上げが目立つ。大手の保利地産(600048/SH)が4.7%上昇した。「住宅ローン控除」により住宅実需が刺激されるとの期待が強まっている。酒造や家電など消費関連株も高い。青島ビール(600600/SH)が4.9%、青島海爾(600690/SH)が4.8%ずつ値を上げた。上述した「個人所得税法」に関し、課税最低限(税が課せられる最低限の所得)の引き上げは、今年10月1日に先行実施される予定。消費の活発化が意識された。

空運株と紙・パルプ株もしっかり。中国国際航空(601111/SH)が2.5%高、博匯紙業(600966/SH)が1.6%高で引けた。空運各社はドル建て債務の比率が高く、紙製品各社は原材料を海外輸入に頼っている。元安懸念の後退が買い安心感につながった。このほかエネルギー株、医薬株、運輸株、インフラ関連株、金融株など幅広く物色されている。

外貨建てB株の相場も値上がり。上海B株指数が2.39ポイント(0.85%)高の285.33ポイント、深センB株指数が8.14ポイント(0.85%)高の965.13ポイントで終了した。

【亜州IR】





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below