October 24, 2018 / 9:06 AM / a month ago

24日の香港市場概況:ハンセン0.4%安で続落、石炭セクターは逆行高


*18:00JST 24日の香港市場概況:ハンセン0.4%安で続落、石炭セクターは逆行高
24日の香港市場は小幅に値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比96.77ポイント(0.38%)安の25249.78ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)は8.49ポイント(0.08%)安の10226.41ポイントとそろって続落した。売買代金は912億3000万香港ドルとなっている(23日の売買代金は971億7900万香港ドル)。
世界景気の先行き不安がくすぶる。米中貿易戦争の余波を受けた原材料コスト増により、製造業を中心としたグローバル企業の業績が悪化する——と懸念されている。原油安も逆風。昨夜のWTI原油先物は4.2%安と急落し、一時2カ月ぶりの安値水準に落ち込んだ。もっとも、下値は限定的。ハンセン指数は直近の下げが急ピッチだったこともあり、自律反発狙いの買いでプラス圏で推移する場面もみられた。

業種別では、石油関連がさえない。業界大手の中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が3.8%安、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が1.9%安、油田掘削の中海油田服務(2883/HK)が2.0%安で引けた。

モバイル用部品も続落。舜宇光学科技(2382/HK)が4.6%、高偉電子HD(1415/HK)が4.2%、丘タイ科技(1478/HK)が3.5%、瑞声科技HD(AACテクノロジーズ:2018/HK)が1.2%ずつ値を下げた。スマホ販売の停滞観測が嫌気されている。

他の個別株動向では、発電大手の華能国際電力(902/HK)が6.1%安と急落。1~9月期決算は3割減益を余儀なくされた。四半期(7~9月)ベースでは赤字に転落している。

半面、石炭セクターは高い。中国中煤能源(1898/HK)が5.1%、中国神華能源(1088/HK)が2.7%、エン州煤業(1171/HK)が2.2%ずつ値を上げた。中国中煤能源の好決算が手がかり。同社が公表した1~9月期決算は8割増益となり、通期業績の純利益も大幅に増加するとの見通しを明らかにした。

一方、本土市場は反発。主要指標の上海総合指数は、前日比0.33%高の2603.30ポイントで取引を終えた。金融株が相場をけん引。不動産株、非鉄株、公益株、紙・パルプ株、空運株も値上がりした。半面、消費関連株、石油株、医薬株、ハイテク株、自動車株などは売られている。

【亜州IR】





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below