November 12, 2018 / 9:08 AM / a month ago

12日の香港市場概況:ハンセン0.1%高で反発、華潤電力が5.6%上昇


*18:00JST 12日の香港市場概況:ハンセン0.1%高で反発、華潤電力が5.6%上昇
中国消費の堅調を背景に、過度な景気減速懸念が薄らぐ。オンライン通販の一大商戦日に当たる11日の「独身の日(シングルデー)」では、イベントを主催した中国の電子商取引(EC)最大手、阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング:BABA/NYSE)の総取引高が過去最高を記録した。ただ、上値は限定的。決算発表は週内に控えた騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が売られ、指数はマイナス圏で推移する場面もみられた。

ハンセン指数の構成銘柄では、中国政府系の華潤電力HD(836/HK)が5.6%高と急伸。石炭輸送業界の幹部が「2019年は燃料炭の供給が増える一方、需要は縮小する」との見通しを示したことが材料視された。指数構成以外の発電株も軒並み買われている。薬品株、不動産株の一角なども値上がりした。

業種別では、ゼネコンや建材などインフラ関連がしっかり。中国鉄建(1186/HK)が1.9%高、中国交通建設(1800/HK)が1.7%高、中国中鉄(390/HK)が1.4%高、中国建築国際集団(3311/HK)が0.7%高、北京金隅集団(BBMG:2009/HK)が4.0%高、安徽海螺セメント(安徽コンチセメント:914/HK)が1.9%高、中国建材(3323/HK)が1.1%高と上昇した。ビル建築や建設プロジェクト管理の中国建築国際集団については、足元の新規受注が好調に推移していることが好感されている。

半面、ネットサービス中国最大手のテンセントは3.1%安とさえない。同社は今週14日に、四半期業績を報告する予定だ。そのほか、自動車大手の東風汽車集団(489/HK)が2.2%安と続落。今年10月の新車販売台数をが前年同月比で14.6%減に落ち込み、5カ月連続でマイナス成長を強いられたことが嫌気された。中国の自動車販売を巡っては、国家発展改革委員会の幹部が先ごろ、2018年自動車販売の前年実績割れ可能性に言及している。

一方、本土市場は6日ぶり反発。主要指標の上海総合指数は、前営業日比1.22%高の2630.52ポイントで取引を終えた。消費関連株が高い。運輸株や発電株、ハイテク株、不動産株、医薬株、インフラ関連株、証券株なども買われた。

【亜州IR】





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below