November 26, 2018 / 8:01 AM / 22 days ago

26日の中国本土市場概況:上海総合0.1%安で3日続落、上海50Aは0.1%上昇


*16:56JST 26日の中国本土市場概況:上海総合0.1%安で3日続落、上海50Aは0.1%上昇
週明け26日の中国本土マーケットは小幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比3.67ポイント(0.14%)安の2575.81ポイントと3日続落した。上海A株指数も下落し、3.82ポイント(0.14%)安の2697.27ポイントで取引を終えている。

原油安が相場の重し。先週末のWTI原油先物は7.7%安と急反落し、約1年1カ月ぶりの安値を切り下げた。世界景気の減速懸念が強まるなか、燃油などの需要が縮小すると警戒されている。米中通商交渉の不透明感も続く。貿易問題で対立する米中の首脳は今週末、アルゼンチンで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて会談する予定だ。協議では何らかの歩み寄りがみられる——との観測もあるが、両者の対立も根深く、投資家の不安は払しょくされていない。

石油や石炭などエネルギー関連株に売りが先行している。中国石油化工(600028/SH)が0.9%安、エン州煤業(600188/SH)が3.0%安で引けた。非鉄株や鉄鋼株、ゼネコン株も安い。自動車株、消費関連株、不動産株なども売られた。

半面、第5世代(5G)ネットワークの関連銘柄は物色される。通信機器メーカーの東方通信(600776/SH)が3.5%高、光ケーブル生産の烽火通信科技(600498/SH)が1.5%高と上昇した。中国政府系メディアは23日付で、「江蘇省5G産業聯盟」がこのほど発足したと報じている。組織には烽火通信科技を始め、主要35企業・単位が参加。年末までをめどに、一定規模の5Gネットワークを運用する構想があるという。このほか銀行株や保険株、運輸株の一角などもしっかり。上海市場の代表銘柄で構成される「上海50A株指数」は、0.1%高とプラス圏で取引を終えた。

一方、外貨建てB株の相場は値下がり。上海B株指数が1.11ポイント(0.40%)安の276.05ポイント、深センB株指数が6.12ポイント(0.70%)安の869.75ポイントで終了した。

【亜州IR】





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below