December 19, 2018 / 8:03 AM / 6 months ago

19日の中国本土市場概況:上海総合1.1%安で続落、エネルギー株が下げ主導


*16:57JST 19日の中国本土市場概況:上海総合1.1%安で続落、エネルギー株が下げ主導
19日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比27.09ポイント(1.05%)安の2549.56ポイントと続落した。約2カ月ぶりの安値水準に落ち込んでいる。上海A株指数も下落し、28.43ポイント(1.05%)安の2669.68ポイントで取引を終えた。

原油安が逆風。昨夜のWTI原油先物は6.6%安と続落し、約1年4カ月ぶり安値を付けた。世界的に景気鈍化がささやかれるなか、石油需要も減退するとみられている。原油相場の先安観も強まり、世界の株式市場からオイルマネーが流出するとの懸念もくすぶった。また、中国の重要会議も気がかり。翌年の経済政策目標を決める「中央経済工作会議」は、21日まで開催される見通しだ。過去の例では、国営メディアが最終日の午後より、会議の内容を徐々に公表する。

石油や石炭のエネルギー株が下げを主導。中国石油化工(600028/SH)が2.8%安、中国石油天然気(601857/SH)が2.1%安、エン州煤業(600188/SH)が1.9%安で引けた。医薬品株も安い。江蘇恒瑞医薬(600276/SH)が3.0%下落した。中央政府主導の「集中調達」制度が導入されたのに続き、全国版の「補助用薬」リストが近く発表されることを改めて売り材料視。薬価引き下げにより、業績が悪化すると不安視されている。消費関連株、ハイテク株、インフラ関連株、金融株なども売られた。

半面、発電株はしっかり。中国長江電力(600900/SH)が1.3%上昇した。交通インフラ関連株や自動車株の一角も物色されている。

一方、外貨建てB株の相場は値下がり。上海B株指数が0.54ポイント(0.20%)安の276.79ポイント、深センB株指数が3.52ポイント(0.41%)安の847.30ポイントで終了した。

【亜州IR】





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below