February 12, 2019 / 8:02 AM / 5 months ago

12日の中国本土市場概況:上海総合0.7%高で4日続伸、深セン創業板は1.2%上昇


*16:58JST 12日の中国本土市場概況:上海総合0.7%高で4日続伸、深セン創業板は1.2%上昇
12日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比18.00ポイント(0.68%)高の2671.89ポイントと4日続伸した。終値ベースで、約2カ月半ぶりの高値水準を回復している。上海A株指数も上昇し、18.87ポイント(0.68%)高の2798.10ポイントで取引を終えた。  海外マネーの流入期待が強まる。指数算出の米MSCIは、グローバル株価指数に占めるA株について、組み入れ比率引き上げに関するヒヤリングを今週15日に終了する予定だ。A株の組み入れ比率を現行の5%から20%に引き上げる方針とされる。深セン創業板・中小企業板銘柄も採用検討する考えという。組み入れ比率の拡大が実現すれば、2020年までの2年間でA株市場に610億米ドル(約6兆7400億円)の資金が流入するとの試算もある。銘柄採用の思惑が先行するなか、新興企業株で構成される深セン創業板指数は1.2%上昇した。  業種別では、医薬品が高い。康美薬業(600518/SH)が値幅制限いっぱいまで上昇し、上海復星医薬集団(600196/SH)が4.9%、通化東宝薬業(600867/SH)が3.8%ずつ値を上げた。希少疾患・難治性疾患治療薬にかかる増値税(付加価値税)の引き下げが決定されるなど、医療改革の進展がセクター全体の支援材料となっている。  ハイテク株も上げが目立つ。通信機器メーカーの東方通信(600776/SH)がストップ高、LED基盤・チップ中国最大手の三安光電(600703/SH)が7.2%高、スマホ用アプリ開発(電子書籍リーダー)の掌閲科技(603533/SH)が5.3%高で引けた。証券株、インフラ関連株、消費関連株、自動車株、不動産株、資源・素材株なども物色されている。  外貨建てB株の相場も値上がり。上海B株指数が0.97ポイント(0.35%)高の278.91ポイント、深センB株指数が14.20ポイント(1.58%)高の910.23ポイントで終了した。

【亜州IR】
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below