February 14, 2019 / 7:56 AM / 2 months ago

14日の中国本土市場概況:上海総合0.05%安で6日ぶり小反落、深セン創業板は0.3%高


*16:52JST 14日の中国本土市場概況:上海総合0.05%安で6日ぶり小反落、深セン創業板は0.3%高
14日の中国本土市場は小幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比1.37ポイント(0.05%)安の2719.70ポイントと6日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、1.45ポイント(0.05%)安の2848.21ポイントで取引を終えている。

利食い売り圧力が意識される流れ。上海総合指数は13日まで急ピッチな上昇が持続し、足元では約4カ月ぶりの高値水準を回復した。もっとも、大きく売り込む動きはみられない。米中貿易戦争の警戒感が薄らぐなか、指数はプラス圏で推移する場面もみられている。米政府が定めた制裁関税引き上げ期限が3月1日に迫るなか、米関係者の話として「期限の60日間先送りを検討する」との情報が14日昼近くに報じられた。14~15日にかけた閣僚級通商協議は、北京で開かれている。取引時間中に公表された今年1月の中国貿易統計に関しては、輸出・輸入の伸びがそろって上振れた。

金融株が下げを主導。中国農業銀行(601288/SH)が1.3%安、中国工商銀行(601398/SH)が1.1%安、中国太平洋保険(601601/SH)が1.5%安、華泰証券(601688/SH)が1.8%安で引けた。石油株や石炭株、非鉄株などもさえない。

半面、ハイテクは上げが目立つ。通信機器メーカーの東方通信(600776/SH)が4日連続でストップ高、電子部品メーカーの環旭電子(601231/SH)が7.3%高で引けた。医薬品株も急伸。康美薬業(600518/SH)が値幅制限いっぱいまで上昇した。不動産株、消費関連株、海運株なども物色されている。

テクノロジーなど新興企業株で構成される深セン創業板指数は0.3%高と続伸。約2カ月ぶりの高値水準を回復した。

外貨建てB株の相場は値上がり。上海B株指数が0.47ポイント(0.17%)高の282.17ポイント、深センB株指数が0.77ポイント(0.08%)高の925.79ポイントで終了した。

【亜州IR】





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below