March 13, 2019 / 8:09 AM / 2 months ago

13日の中国本土市場概況:上海総合1.1%安で3日ぶり反落、不動産などは逆行高


*17:00JST 13日の中国本土市場概況:上海総合1.1%安で3日ぶり反落、不動産などは逆行高
13日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比33.36ポイント(1.09%)安の3026.95ポイントと3日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、34.93ポイント(1.09%)安の3170.27ポイントで取引を終えている。

2カ月ぶりとなる重要経済指標の公表を14日に控え、慎重ムードが広がる流れ。1~2月の各種経済指標(固定資産投資や小売売上高、鉱工業生産など)の報告を前に、結果を見極めたいとするスタンスが強まった。指数が先週末の急落前水準を伺う動きをみせるなか、戻り待ちの売り圧力も意識されている。

業種別では、ハイテクの下げが目立つ。通信機器メーカーの東方通信(600776/SH)がストップ安、スーパーコンピュータ世界大手の曙光信息産業(中科曙光:603019/SH)が9.3%安、金融機関向けソフト開発会社の恒生電子(600570/SH)が7.5%安。直近の同銘柄群は、中国の科学振興方針などを支えに急ピッチに買い進まれていた。銀行株や証券株、自動車株、インフラ関連株、運輸株、医薬品株、発電株、石油株なども安い。

半面、不動産株はしっかり。金地集団(600383/SH)が5.4%高、緑地控股(600606/SH)が4.3%高と値を上げた。

新市場に上場することを目指しているとされる銘柄群も急騰。上海証券取引所に創設予定のハイテク・スタートアップ企業向け市場「科創板(Science and technology innovation board)」は、取引開始に向けた準備が想定以上のハイペースで進んでいるという。18日にもIPO申請が始まると伝えられた。

他の個別株動向では、中国平安保険(601318/SH)が3.3%高。12日引け後に報告した18年通期決算では、純利益が2割増加し、期末配当も増額された。最大100億人民元のA株自社株買い計画も明らかにしている。

一方、外貨建てB株の相場は値下がり。上海B株指数が3.58ポイント(1.16%)安の303.83ポイント、深センB株指数が11.28ポイント(1.11%)安の1000.80ポイントで終了した。

【亜州IR】





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below