April 26, 2019 / 12:47 AM / 3 months ago

26日の香港市場見通し:神経質な値動きか、業績動向による選別物色も


*09:43JST 26日の香港市場見通し:神経質な値動きか、業績動向による選別物色も
26日の香港市場は、中国景気の先行き不安で神経質な値動きか。外部環境は中立と言える。昨夜の米株市場では、主要指標のNYダウが前日比0.5%安と続落する半面、ハイテク株比率の大きいナスダック指数は0.2%高と反発した。主要企業の四半期決算発表が佳境に入るなか、業績動向を材料にした売買が交錯している。工業製品のスリーエム(3M)が公表した1~3月期決算は、売上高が予想を大幅に下回る結果。中国事業などの不振を受け、19年通期の業績見通しが下方修正された。同社株は13%安と急落し、NYダウの下落寄与度は167米ドルに達している(NYダウの下落幅は135米ドル)。他方、予想を上回る増収増益を達成したマイクロソフトは3.3%高。売上高が予想以上に伸びたフェイスブックは5.9%上昇し、年初来高値を更新した。

一方、25日の本土株市場では、主要指標の上海総合指数が2.4%安と急反落。新規の買い材料に乏しいなかで、中国景気の先行き不安が再燃した。足元の経済指標が堅調だったことを受け、金融緩和の期待感が後退。景気の腰折れが警戒される状況だ。人民元安の進行もマイナス。中国人民銀行(中央銀行)は朝方、対米ドルの人民元レートを3日続けて元安方向に設定した(3月末以来の元安水準)。

また、海外マネーの流出も不安視される状況。中国・香港間の相互取引スキームを通じた本土株売買では、売り越し規模が急速に拡大している。複数メディアが25日伝えたところによれば、今月(24日時点)の香港→本土株取引は192億3400万人民元(約3190億円)の売り越しとなり、その規模は本土株が急落した2015年7月(314億9400万人民元)に次ぐ大きさを記録した。

こうしたなか、本日の香港・本土市場は全体として神経質な値動きか。中国景気の先行き不安がくすぶる状況だ。目先は、業績動向に着目した物色となろう。

【亜州IR】


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below