May 7, 2019 / 9:05 AM / in 2 months

7日の香港市場概況:ハンセン0.5%高で反発、中国海洋石油3.1%上昇


*18:00JST 7日の香港市場概況:ハンセン0.5%高で反発、中国海洋石油3.1%上昇
7日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比153.20ポイント(0.52%)高の29363.02ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が27.39ポイント(0.24%)高の11261.05ポイントとそろって反発した。売買代金は969億800万香港ドルに縮小している(6日は1372億5900万香港ドル)。

本土株高が追い風。米中通商協議の過度な警戒感が後退するなか、上海総合指数は引けにかけてプラス圏に浮上した。中国商務部は7日、「ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官の招待を受け、劉鶴副首相は9~10日の通商会議に出席するため訪米する」とウエブサイトに掲載した。ただ、上値は重い。トランプ米大統領の(対中)追加関税表明を嫌気し、指数はマイナス圏で推移する場面もみられた。
ハンセン指数の構成銘柄では、石油大手の中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が3.1%高、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が2.5%高、金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が1.9%高と上げが目立った。

業種別では、エネルギー関連が高い。上記した中国海洋石油のほか、中国燃気HD(中国ガス:384/HK)が2.7%、エン州煤業(1171/HK)が2.1%、中国神華能源(1088/HK)が1.7%、新奥能源HD(ENNエナジー:2688/HK)が1.1%ずつ上昇した。

家電や小売、食品など消費セクターもしっかり。海信科龍電器(921/HK)が5.6%高、TCL電子HD(1070/HK)が1.5%高、創維数碼HD(スカイワース・デジタル:751/HK)が1.4%高、聯華超市(980/HK)が6.2%高、中国旺旺HD(151/HK)が1.6%高で引けた。

本土市場は反発。主要指標の上海総合指数は、前日比0.69%高の2926.39ポイントで取引を終えた。消費関連株が高い。医薬品株、不動産株、自動車株、ハイテク株、インフラ関連株なども買われている。半面、金融株の一角はさえない。

【亜州IR】





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below