September 23, 2019 / 8:22 AM / a month ago

中国本土市場・大引け概況:値下がり、米中通商協議の不透明感強まる


*17:16JST 中国本土市場・大引け概況:値下がり、米中通商協議の不透明感強まる
23日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比29.37ポイント(0.98%)安の2977.08ポイントと4日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、30.84ポイント(0.98%)安の3118.79ポイントで取引を終えている。


米中通商協議の不透明感が重し。米中は19日、次官級の貿易交渉を開始したが、中国側は当初予定していた米農家の視察をキャンセルし、予定よりも早く20日に帰国した(中国農業農村部の韓俊副部長は21日、「貿易協議とは関係がない」とコメント)。また、中国が示した米農産品の購入量に対し、トランプ米大統領は「不十分」として再考を求めたとも伝わっている。閣僚級の会合を10月初旬に控え、協議は難航するとの見方が浮上した。

金融株が下げを主導。招商銀行(600036/SH)が1.4%安、中国太平洋保険(601601/SH)が2.0%安、華泰証券(601688/SH)が1.9%安で取引を終えた。不動産株も安い。金地集団(600383/SH)が2.5%下落した。足元で物色されていたインフラ関連株も急反落している。このほか、消費関連株、自動車株、医薬品株、運輸株、公益株なども売られた。

半面、半導体株の物色は続く。フラッシュメモリなど製造の北京兆易創新科技(603986/SH)がストップ高、指紋認証ICなどの深セン市匯頂科技(603160/SH)が6.3%高、IC設計の上海書爾半導体(WILLSEMI:603501/SH)が3.3%高で引けた。それぞれ、上場来高値を更新している。

一方、外貨建てB株は値下がり。上海B株指数が0.27ポイント(0.10%)安の273.07ポイント、深センB株指数が2.80ポイント(0.30%)安の944.11ポイントで終了した。

【亜州IR】


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below