November 1, 2019 / 8:01 AM / 13 days ago

1日の中国本土市場概況:上海総合1.0%高で4日ぶり反発、金融株が相場けん引


*16:55JST 1日の中国本土市場概況:上海総合1.0%高で4日ぶり反発、金融株が相場けん引
1日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比29.14ポイント(0.99%)高の2958.20ポイントと4日ぶりに反発した。上海A株指数も上昇し、30.57ポイント(1.00%)高の3099.28ポイントで取引を終えている。

海外マネーの流入が意識される流れ。株価指数を開発・算出するMSCIは今月、グローバル株価指数のA株組み入れ比率を再度引き上げる。中国・香港間の相互取引スキームを通じた売買では、香港経由の本土株売買が前日まで6営業日連続の大幅買い越しだった。10月の純流入額は320億人民元を超えたことが判明している。

米中通商協議を巡っては、米メディアが10月31日、「中国の高官は、米国との包括的で長期的な合意に疑念を抱いている」と報道。不透明感が再燃したものの、通商合意の第1段階(全体の60%)は署名合意できるとの見方が優勢だ。中国商務部は10月31日、「米中の通商交渉担当リーダーは11月1日に再び電話協議する」とコメントしている。

取引時間中に民間が公表した10月の財新・中国製造業PMIは予想に反し前月から上向き、2017年2月以来の高水準を回復した。他方、中国国家統計局などが前日に発表した同月の製造業PMIは、予想以上に悪化し、景況判断の境目となる50を6カ月連続で割り込んでいる。

金融株が相場をけん引。招商銀行(600036/SH)が3.1%高、中国平安保険(601318/SH)が2.2%高で引けた。不動産株も高い。大手の保利地産(600048/SH)が2.9%上昇している。中国指数研究院が公表した最新データにより、多くのデベロッパーが多くの事業用地を10月に手当したことがわかった。不動産市況が底入れするとの見方につながっている。消費関連株もしっかり。業績が好調な家電メーカー中国大手の海爾智家(600690/SH)が8.5%高と続伸した。自動車株、医薬品株、運輸株、インフラ関連株、素材株なども買われている。

外貨建てB株も値上がり。上海B株指数が1.46ポイント(0.56%)高の261.99ポイント、深センB株指数が8.02ポイント(0.89%)高の906.94ポイントで終了した。

【亜州IR】





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below