January 22, 2020 / 8:02 AM / a month ago

22日の中国本土市場概況:上海総合0.3%高で反発、ハイテク株急伸


*16:57JST 22日の中国本土市場概況:上海総合0.3%高で反発、ハイテク株急伸
22日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比8.61ポイント(0.28%)高の3060.75ポイントと反発した(上海A株指数は0.28%高の3207.12ポイント)。

新型肺炎拡大の過度な警戒感が後退する流れ。新型コロナウイルス感染による肺炎患者数の増加について大手ブローカーは、「中国経済にとっては逆風だが、当局は追加の金融緩和など経済対策を強化して善処する」との見方を示した。また、習近平・国家主席は20日、「感染拡大を全力で防ぎ、制圧する」措置を講じるよう指示。情報公開が2003年のSARS(サーズ、重症急性呼吸器症候群)まん延時と比べ、迅速になされていることも投資家の不安心理を和らげさせている。指数は後場に入りプラスに転じた。

業種別では、ハイテク関連の上げが目立つ。指紋認証ICなどの深セン市匯頂科技(603160/SH)やIC組立・検査の晶方科技(603005/SH)、ファブレス半導体メーカー上海貝嶺(600171/SH)などがストップ高まで買い進まれた。深セン市匯頂科技と晶方科技は上場来高値を更新している。不動産株や自動車株、金融株、非鉄株、運輸株、消費関連株の一角なども買われた。

このほかアップルのサプライヤー各社も物色される。立訊精密工業(002475/SZ)が7.0%高、歌爾声学(002241/SZ)が5.8%高、欣王達電子(300207/SZ)が5.5%高と値を上げた。それぞれ最高値を切り上げている。アップルの動向に関し、「新たな低価格iPhoneが2月に大量生産開始される見込み」と複数関係者の話として報じられた。

外貨建てB株相場も値上がり。上海B株指数が0.23ポイント(0.09%)高の257.52ポイント、深センB株指数が9.63ポイント(0.98%)高の993.88ポイントで終了した。

【亜州IR】




《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below