for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

31日の香港市場見通し:本土市場は休場、香港は下値を固める展開か、米株高が支えに


*10:43JST 31日の香港市場見通し:本土市場は休場、香港は下値を固める展開か、米株高が支えに
31日の香港市場は、米株高を支えに下値を固める展開か。外部環境は安定している。昨夜の米株市場では、主要指標のNYダウが前日比0.4%高、ハイテク株比率の大きいナスダック指数が0.3%高とそろって3日続伸した。主要企業の四半期決算報告が進むなか、業績改善の期待感が相場を後押ししている。マイクロソフトが前日公表した決算は市場予想を上回り、株価は上場来高値を更新した。取引終了後に決算報告したアマゾンは、1株利益と売上高が大幅に上振れし、時間外取引で大幅続伸している。一方、世界保健機構(WHO)は30日午後、中国発の新型コロナウイルス肺炎について、「国際的な公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。ただ、「ヒトとモノの移動を制限しない」と指摘したこともあり、過度な警戒感がやや薄らいだ。指数は宣言のあと、買いの勢いをやや強めている。

中国国内の状況では、新型コロナウイルスの感染による肺炎患者数が連日、1000人超の単位で拡大。国家衛生健康委員会は30日、同日午前零時(現地時間)の時点で、肺炎患者が累計7711人に達したと発表した。

なお本日朝方(日本時間10時ごろ)に、今年1月の中国製造業PMI(国家統計局などが集計・発表)が公表される予定。事前の市場コンセンサス予想では、前月の50.2から50.0にやや低下するとみられている。

こうしたなか、本日の香港市場は下値を固める動きとなりそうだ。ハンセン指数は春節(旧正月)連休明けの29日から昨日までの2日間で累計5%超下げていることもあり、昨夜の米株高を支えに買い戻しが入る可能性もあろう。ただ、中国PMIには注意が必要だ。新型肺炎拡大の影響を踏まえた場合、景況判断の境目となる50を割り込む恐れもある。


【亜州IR】





《NH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up