February 6, 2020 / 8:16 AM / 16 days ago

6日の中国本土市場概況:上海総合1.7%高で3日続伸、医薬セクター連騰


*17:12JST 6日の中国本土市場概況:上海総合1.7%高で3日続伸、医薬セクター連騰
6日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比48.42ポイント(1.72%)高の2866.51ポイントと3日続伸した(上海A株指数は1.72%高の3003.81ポイント)。
中国の「肺炎対策」が評価される流れ。国務院が5日に開いた常務会議では、医療用マスクや防護服、主要な医薬品など感染予防物資の供給確保に向けて、金融や税制で関連企業を支援することが決定された。新型肺炎による景気先行き不安が依然としてくすぶるなか、金融緩和の期待も続いている。また、新型肺炎の治療薬を巡る報道も好感された。取引時間中に、中国財政部が「対米追加関税の一部を引き下げる」と発表したことも材料視されている。指数は中盤から上げ幅を拡大した。

業種別では、医薬品の上げが目立つ。抗生物質の山東魯抗医薬(600789/SH)と江蘇聯環薬業(600513/SH)、中医薬の河南太龍薬業(600222/SH)などが連日でストップ高した。江蘇聯環薬業は9営業日連続のストップ高。その間に135%の値上がりを記録した。インターネットサービス関連株も急伸。メディア・コンテンツの浙報数字文化集団(600633/SH)がストップ高、オンラインゲームの吉比特(603444/SH)が9.6%高で引けた。吉比特は上場来高値を更新している。肺炎拡大の影響で利用者が増えるとの観測が広がった。

農業関連株も高い。種子卸売りの甘粛省敦煌種業(600354/SH)が値幅制限いっぱいまで上昇した。政策支援の期待が強まる。国務院は5日、中央政府が策定した当該年の最も重要な政策課題を掲げる文書「中央1号文件」を発表。「三農(農業、農村、農民)」問題を解決すべき最優先課題とする政策を04年以来、17年連続で打ち出している。このほかハイテク株、消費関連株、インフラ関連株、不動産株、金融株、素材株など幅広く買われた。

外貨建てB株相場も値上がり。上海B株指数が1.87ポイント(0.81%)高の233.20ポイント、深センB株指数が9.56ポイント(1.05%)高の923.06ポイントで終了した。

【亜州IR】





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below