February 14, 2020 / 8:04 AM / 6 days ago

14日の中国本土市場概況:上海総合0.4%高で反発、不動産セクター上げ目立つ


*16:56JST 14日の中国本土市場概況:上海総合0.4%高で反発、不動産セクター上げ目立つ
14日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比10.93ポイント(0.38%)高の2917.01ポイントと反発した(上海A株指数は0.38%高の3056.79ポイント)。

景気対策の期待感が改めて強まる流れ。新型肺炎の拡大で生産や消費の動きが鈍ると懸念されるなか、「政府は追加の経済対策を打ち出す」との観測が広がった。国内では、1~3月期の業績見通しを下方修正する企業が相次いでいる。

業種別では、不動産の上げが目立つ。金地集団(600383/SH)が8.3%高、保利地産(600048/SH)が3.3%高で引けた。地方政府による不動産引き締め策の一部緩和が材料視されている。

非鉄株も急伸。洛陽モリブデン(603993/SH)が8.0%高と値を上げた。ハイテク株の一角も高い。半導体組立・検査で中国トップの江蘇長電科技(600584/SH)が9.1%上昇した。このほか、金融株、空運株、医薬品株、消費関連株、防衛関連株なども買われた。

半面、自動車株はさえない。広州汽車集団(601238/SH)が1.1%下落した。同社は13日引け後、1月の自動車販売が前年同月比で15.9%減少したと発表。マイナス成長は7カ月連続となっている。発電株やメディア関連株も売られた。

一方、外貨建てB株相場は値下がり。上海B株指数が0.13ポイント(0.05%)安の235.07ポイント、深センB株指数が3.35ポイント(0.36%)安の924.97ポイントで終了した。

【亜州IR】





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below