for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

20日の中国本土市場概況:上海総合1.3%安で続落、金融セクター下げ主導


*16:57JST 20日の中国本土市場概況:上海総合1.3%安で続落、金融セクター下げ主導
20日の中国本土市場市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比44.23ポイント(1.30%)安の3363.90ポイントと続落した(上海A株指数は1.30%安の3525.90ポイント)。(亜州リサーチ編集部)


金融緩和強化の期待感が後退したことが相場の重しとなっている。中国人民銀行(中央銀行)が朝方公表した事実上の貸出基準金利「ローンプライムレート(LPR)」(月に一度、原則20日に公表)は、4カ月連続で据え置かれた。予想通りの結果だったが、17日に開催された国務院(内閣に相当)常務会議で「大規模な景気刺激策には依存しない」との方針が確認されたこともあり、より強力な緩和策は打ち出されないとの見方が広がっている。また、中国証券報は20日、「預金準備率引き下げの可能性は低下した」との論税記事を掲載した。

金融株が下げを主導する。中国人寿保険(601628/SH)が3.9%安、招商銀行(600036/SH)が2.2%安、中信建投証券(601066/SH)が4.8%安で引けた。自動車株も安い。長城汽車(601633/SH)が3.3%下落した。消費関連株、資源・素材株、ハイテク株、不動産株、インフラ関連株、防衛関連株なども売られている。

半面、発電株の一角は続伸。前日にストップ高した華能国際電力(600011/SH)が5.6%上昇した。電力消費量が足元で、過去最大を更新し続けていることが材料視されている。医薬品株の一角も買われた。

一方、外貨建てB株相場は値下がり。上海B株指数が1.23ポイント(0.50%)安の242.34ポイント、深センB株指数が4.88ポイント(0.52%)安の933.33ポイントで終了した。

亜州リサーチ(株)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up