for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

25日の香港市場概況:ハンセン0.3%安で続落、不動産・医薬が下げ目立つ


*18:00JST 25日の香港市場概況:ハンセン0.3%安で続落、不動産・医薬が下げ目立つ
25日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比75.65ポイント(0.32%)安の23235.42ポイントと続落し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)は68.60ポイント(0.73%)安の9302.59ポイントと5日続落した。ハンセン指数は5月29日以来、約4カ月ぶりの安値水準を付けている。売買代金は1167億3300万香港ドルとほぼ前日並みだった(24日は1171億6600万香港ドル)。

投資家の慎重スタンスが続く。フランスで24日、新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最多を記録するなど、欧州では感染が再び急拡大している。世界経済の回復に時間がかかると懸念された。前日の米株高を受けてハンセン指数は上昇してスタートしたものの、徐々に売りに押される展開。来週後半から国慶節に伴う大型連休(中国本土は10月1~8日、香港は1~4日)が始まることもあり、模様眺めのスタンスも漂った。 (亜州リサーチ編集部)


ハンセン指数の構成銘柄では、不動産デベロッパー大手の碧桂園HD(2007/HK)が3.9%安で値下がり率トップ。同業で債務リスクが報じられた中国恒大集団(3333/HK)が9.5%安と急落する中、他の本土系民営デベロッパーにも売りが波及している(恒大集団は報道を否定)。恒大集団に関しては、傘下の中国恒大新能源汽車集団(708/HK)も12.8%安と売り込まれた。

他のハンセン銘柄では、医薬品セクターが安い。石薬集団(1093/HK)が2.9%安、薬明生物技術(2269/HK)が2.5%安、中国生物製薬(1177/HK)が2.3%安で引け、指数構成銘柄の値下がり率上位に並んだ。

個別では、インターネット専業保険の衆安在線財産保険(6060/HK)が10.0%安と大きく下落。大株主であるソフトバンクグループ(9984/東証1部)が保有する同社株の売却を進めていることが嫌気された。

一方、通信設備やキャリア各社はしっかり。京信通信系統HD(2342/HK)が4.6%高、中国電信(チャイナ・テレコム:728/HK)が1.3%高、中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)が0.8%高、中国聯通(チャイナ・ユニコム:762/HK)が0.6%高で取引を終えた。中国当局は24日、国内の5G基地局が足元で50万カ所以上に達し、端末接続数が1億台を超えたとの最新データを発表している。

本土市場は続落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.12%安の3219.42ポイント引け、約2カ月ぶりの安値を更新した。不動産株が安い。素材株、銀行・保険株、医薬株、自動車株なども売られた。半面、大型連休を前にホテル・観光株が高い。造船株、製紙株も買われた。

亜州リサーチ(株)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up