for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

30日の香港市場概況:ハンセン0.8%高で反発、科技指数は1.6%上昇


*18:00JST 30日の香港市場概況:ハンセン0.8%高で反発、科技指数は1.6%上昇
30日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比183.52ポイント(0.79%)高の23459.05ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が115.85ポイント(1.25%)高の9397.37ポイントとそろって反発した。売買代金は982億9900万香港ドルと依然として低水準が続いている(29日は858億8200万香港ドル)。

中国景気の持ち直しが意識される流れ。朝方公表された9月の中国製造業PMI(国家統計局などが集計・発表)は、市場予想以上に前月から改善した。同月の非製造業PMIは、低下予想に反して前月実績を上回っている。また、世界銀行は9月28日、中国の2020年の国内総生産(GDP)成長率予想を2.0%と予測し、7月時点の予測値(1.6%)から上方修正した。

ただ、指数は後場途中に上げ幅を縮小する場面がみられている。時間外取引のNYダウ先物安がネガティブ材料だ。ダウ先物は朝方は小高く推移していたが、米大統領選に向けた討論会後に下げている。トランプ大統領とバイデン前副大統領が非難を応酬するなか、直後の世論調査ではバイデン氏の優勢が明らかにされた。なお、香港・本土では、あすから国慶節連休(本土市場は10月1~8日休場、香港は1~2日休場)がスタートする。(亜州リサーチ編集部)


ハンセン指数の構成銘柄では、中国政府系デベロッパーの華潤置地(1109/HK)が5.9%高、電子商取引(Eコマース)中国最大手の阿里巴巴集団HD(アリババ・グループ・ホールディング:9988/HK)が3.8%高、不動産デベロッパー大手の碧桂園HD(2007/HK)が2.8%高、乳製品メーカー中国大手の中国蒙牛乳業(2319/HK)が2.7%高と上げが目立った。

ハイテクやITの「ニューエコノミー」関連で構成されるハンセン科技指数は1.6%高と反発。上記したアリババのほか、組み入れウエート上位の銘柄では、騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が1.2%高、美団点評(メイトゥアン・ディエンピン:3690/HK)が3.1%高、小米集団(シャオミ・コーポレーション:1810/HK)が2.0%高で取引を終えている。

セクター別では、中国の銀行が高い。中国郵政儲蓄銀行(1658/HK)が2.9%、招商銀行(3968/HK)が2.2%、交通銀行(3328/HK)が1.6%ずつ上昇した。前日の相場では、不動産向け融資の引き締め観測を嫌気し軒並み下落していたが、本日は見直し買いが入っている。足もとの下落基調を受け、2020年予想PBRは5大銀行すべてで1.0倍を割り込み、上場来の低水準を記録していた。

家電セクターも物色される。TCL電子HD(1070/HK)が5.5%高、海爾電器集団(ハイアール電器:1169/HK)が2.0%高、海信科龍電器(ハイセンス・ケロン・エレクトリカル:921/HK)が1.8%高、創維数碼HD(スカイワース・デジタル:751/HK)が1.4%高で引けた。

他の個別株動向では、不動産デベロッパー大手の中国恒大集団(3333/HK)が19.4%高と急伸。同社は29日引け後、71.94%出資する恒大物業集団有限公司について、同日付で香港証券取引所に分離上場を申請したと発表した。資金圧力の軽減につなげる狙いがある。

半面、医療アプリ「平安好医生」を運営する平安健康医療科技(1833/HK)は7.5%安と急反落。同社は9月30日、第三者割当増資の計画を発表した。

一方、本土市場は反落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.20%安の3218.05ポイントで取引を終えた。不動産株が安い。保険・証券株、エネルギー株、公益株、運輸株、素材株なども売られた。半面、食品飲料株は高い。医薬品株、ハイテク株、自動車株、インフラ関連株、銀行株の一角も買われた。

亜州リサーチ(株)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up