for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2日の中国本土市場概況:上海総合0.02%高で反発、中国PMIは上振れ 無料記事


*16:57JST 2日の中国本土市場概況:上海総合0.02%高で反発、中国PMIは上振れ 無料記事
週明け2日の中国本土市場は小幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比0.59ポイント(0.02%)高の3225.12ポイントと反発した(上海A株指数は0.02%高の3380.21ポイント)。


中国景気の持ち直しが意識される流れ。週末10月31日に発表された10月の中国製造業PMI(国家統計局などが集計・公表)は51.4となり、前月実績(51.5)をやや下回ったものの、市場予想(51.3)は上回った。また、同時に発表された非製造業PMIは56.2となり、予想(56.0)以上に前月(55.9)から上昇。約7年ぶりの高水準を記録した。


ただ、上値は限定的。指数は安く推移する場面もみられている。外部環境に気がかり材料。今週3日投開票の米大統領選のトランプ氏再選が警戒視された。米中冷戦問題が一段と深刻化するとの見方が一部で浮上中。トランプ氏は遊説先で、中国批判を一段と強めている。(亜州リサーチ編集部)


業種別では、自動車が高い。上海汽車集団(600104/SH)が4.1%、長城汽車(601633/SH)が3.1%ずつ上昇した。消費関連株もしっかり。家電メーカー中国大手の海爾智家(600690/SH)が6.2%高で取引を終えた。銀行株、公益株、インフラ関連株、素材株の一角も買われている。


このほか、上海市場に新規上場した中国国際金融(CICC:601995/SH)は、公募価格(28.78人民元)を31.0%上回る37.70人民元で取引を終えた。投資銀行のCICCは、阿里巴巴集団HD(アリババ・グループ・ホールディング:9988/HK)傘下の金融サービス会社、マ蟻科技集団(アント・グループ:6688/HK、688688/SH)の新規株式公開(IPO)を引き受けるなど、引き受け規模で今年の世界3位に浮上する見通し。プレゼンスの高まりも好感されている。


半面、保険株はさえない。新華人寿保険(601336/SH)が4.1%安、中国人寿保険(601628/SH)が3.0%安で引けた。医薬品株、運輸株、エネルギー株、証券株、ハイテク株の一角なども売られている。

一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が2.40ポイント(0.99%)安の240.85ポイント、深センB株指数が5.47ポイント(0.58%)高の942.81ポイントで終了した。

亜州リサーチ(株)




《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up