for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

16日の中国本土市場概況:上海総合1.1%高で5日ぶり反発、経済指標上振れを好感


*17:27JST 16日の中国本土市場概況:上海総合1.1%高で5日ぶり反発、経済指標上振れを好感
週明け16日の中国本土マーケットは値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比36.87ポイント(1.11%)高の3346.97と5日ぶりに反発した(上海A株指数は1.11%高の3507.84ポイント)。


経済指標の上振れを好感する流れ。午前に発表された10月経済指標で、鉱工業生産(↑6.9%)、固定資産投資(↑1.8%)がそろって市場予想を上回った。同月の小売売上高(↑4.3%)は市場予想(5.0%増)を下回る伸びとなったが、9月実績を上回っている。前営業日の下げが大きかったこともあり、自律反発狙いの買いが入った。(亜州リサーチ編集部)


化学繊維株が上げを主導する。民用ポリエステル繊維メーカーの桐昆集団(601233/SH)がストップ高、ケミカル・ファイバー製品の江蘇江南高繊(600527/SH)が8.4%高、化学繊維メーカーの安徽皖維高新材料(600063/SH)が5.5%高、工業用ナイロン繊維メーカーの神馬実業(600810/SH)が5.4%高で引けた。非鉄金属株、農薬・化学肥料株、エネルギー株、ガラス株なども買われている。


半面、セラミック株、自動二輪株、電子部品株は安い。セラミック製品メーカーの広東松発(603268/SH)が1.3%安、オートバイメーカーの隆シン通用動力(603766/SH)が1.0%安、銅張積層板(CLL)メーカの広東生益科技(6001838/SH)が3.9%安で取引を終えた。

一方、外貨建てB株相場は値上がり。上海B株指数が3.92ポイント(1.57%)高の253.13ポイント、深センB株指数が13.33ポイント(1.40%)高の966.27ポイントで終了した。

亜州リサーチ(株)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up