for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

23日の香港市場概況:ハンセン0.9%高で4日ぶり反発、小米7.6%上昇で新高値


*18:00JST 23日の香港市場概況:ハンセン0.9%高で4日ぶり反発、小米7.6%上昇で新高値
23日の香港市場は値上がり。主要52銘柄で構成されるハンセン指数が前日比223.85ポイント(0.86%)高の26343.10ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が98.34ポイント(0.95%)高の10482.52ポイントとそろって4日ぶりに反発した。売買代金は1291億5400万香港ドルとなっている(22日は1237億2600万香港ドル)。


中国の経済支援策に対する期待感が広がった。来年から始まる中国の第14次5カ年計画(2021〜25年)を見据え、政策メリットを受けやすい銘柄群が物色されている。新5カ年計画では、内需拡大が主要テーマのひとつ。また、商務部の高峰・報道官は今月10日、消費の回復を促すため、年末から年始にかけて一連の消費促進活動を展開すると述べた。また、ハンセン指数は前日まで3日続落し、足元では約1カ月半ぶりの安値水準に落ち込んでいただけに、値ごろ感も着目されている。(亜州リサーチ編集部)


ハンセン指数の構成銘柄では、スマートフォン中国大手の小米集団(シャオミ・コーポレーション:1810/HK)が7.6%高、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が6.3%高、飲食ポータルサイトの美団(メイトゥアン:3690/HK)が3.9%高と上げが目立った。小米は上場来高値を更新している。


ハイテクやITの「ニューエコノミー」関連で構成されるハンセン科技指数は2.9%高と続伸。指数算出以来の高値を更新した。構成銘柄では、上記した小米集団や美団のほか、22日に組み入れられたヘルスケア企業の京東健康(JDヘルス・インターナショナル:6618/HK)が6.9%高と大幅続伸している(同社株も新値更新)


セクター別では、飲料や酒造、スポーツ用品など消費関連が高い。中国蒙牛乳業(2319/HK)が2.3%、青島ビール(168/HK)が1.7%、李寧(2331/HK)が4.5%、安踏体育用品(ANTAスポーツ・プロダクツ:2020/HK)が2.4%ずつ上昇する。上場来高値をそれぞれ更新した。


太陽光や風力などエコ発電関連の銘柄群も物色される。陽光能源HD(757/HK)が15.3%高、保利協シン能源HD(GCLポリー・エナジー:3800/HK)が14.5%高、中国水発興業能源集団(旧社名・中国興業太陽能技術HD:750/HK)が9.3%高、龍源電力集団(916/HK)が8.7%高、中国大唐集団新能源(1798/HK)が7.2%高で取引を終えた。発電設備の上海電気集団(2727/HK)と東方電気(1072/HK)もそれぞれ5.1%高、3.1%高と値を上げている。習近平・国家主席は先ごろ、CO2の排出量と除去量を差し引きゼロにする「カーボンニュートラル」を2060年までに実現するとの長期目標を掲揚。中国政府は来年、風力・太陽光発電容量の拡大を加速させる方針だ。


他の個別株動向では、天然ガス事業の昆侖能源(クンルン・エナジー:135/HK)が11.0%高と急伸。同社は22日引け後、国家石油天然気管網集団(国家管網)に対し、パイプライン資産を売却すると発表した。売却収入のうち50%を株主還元に充てる方針で、特別配当を予定しているという。


半面、中国の銀行セクターはさえない。中国建設銀行(939/HK)が1.6%安、中国工商銀行(1398/HK)と交通銀行(3328/HK)がそろって1.5%安、中国銀行(3988/HK)が1.2%安、中国農業銀行(1288/HK)が1.1%安と下落している。中国人民銀行(中央銀行)は来年、銀行融資の伸びを前年比で徐々に縮小させる方針——などと関係者の話として報じられた。


一方、本土市場は反発。主要指標の上海総合指数は、前日比0.76%高の3382.32ポイントで取引を終えた。自動車株とハイテク株が高い。電や小売などの消費関連株、海運株、エネルギー株、非鉄株、インフラ関連株、防衛関連株、金融株なども買われた。半面、薬品株は安い。産金株、建材株、不動産株の一角も売られた。

亜州リサーチ(株)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up