for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

13日の中国本土市場概況:上海総合0.3%安で反落、消費関連に売り


*17:00JST 13日の中国本土市場概況:上海総合0.3%安で反落、消費関連に売り
13日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比9.69ポイント(0.27%)安の3598.65ポイントと反落した(上海A株指数は0.27%安の3772.16ポイント)。


売り圧力が意識される流れ。昨日の上海総合指数は大幅に上昇し、約5年1カ月ぶりの高値水準を回復していた。新型コロナウイルス感染が再び増加基調にあることもマイナス。中国の国家衛生健康委員会は13日、新型コロナウイルス新規感染者が12日に115人に達したと発表した。報道によると、首都・北京市に隣接する河北省では、当局が石家荘、ケイ台、廊坊の3市を封鎖。人と車両の出入りが厳しく規制されている。経済持ち直しペースが鈍化すると懸念された。


もっとも、下値を叩くような売りはみられない。今年は第14次5カ年計画(2021〜25年)の初年度ということもあり、経済対策に対する期待感が持続している。(亜州リサーチ編集部)


業種別では、消費関連の下げが目立つ。免税店運営の中国旅遊集団中免(601888/SH)が6.0%安、乳製品グループ大手の内蒙古伊利実業集団(600887/SH)が2.2%安、スーパーマーケットチェーンの上海百聯集団(600827/SH)が1.4%安とそろって反落した。中国旅遊集団中免は昨日、上場来高値を切り上げている。そのほか証券株、保険株、医薬品株、素材株、不動産株、ハイテク株や自動車株の一角も売られた。


半面、鉄道車両や発電設備、エンジニアリング、ゼネコンなどインフラ関連株はしっかり。中国中車(601766/SH)と東方電気(600875/SH)がそろってストップ高、中国冶金科工(601618/SH)が6.5%高、中国鉄建(601186/SH)が3.4%高で取引を終えた。地方政府の負担軽減などのため、幹線道路や橋梁など公共インフラ投資に向けた基金(ファンド)が上半期にも許可される——などと中国で伝えられている。銀行株、運輸株、エネルギー株、公益株も買われた。


一方、外貨建てB株相場は値上がり。上海B株指数が1.26ポイント(0.51%)高の249.58ポイント、深センB株指数が7.70ポイント(0.70%)高の1101.19ポイントで終了した。

亜州リサーチ(株)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up