for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

12日の香港市場概況:ハンセン2.2%安で4日ぶり反落、テンセント4.4%下落


*18:00JST 12日の香港市場概況:ハンセン2.2%安で4日ぶり反落、テンセント4.4%下落
12日の香港市場は、主要52銘柄で構成されるハンセン指数が前日比645.89ポイント(2.20%)安の28739.72ポイントと4日ぶり、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が167.45ポイント(1.48%)安の11172.95ポイントと3日ぶりにそれぞれ反落した。売買代金は2254億7600万香港ドルとなっている(11日は2152億6600万香港ドル)。


騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)の急落が全体相場を押し下げている。インターネットサービス中国最大手のテンセントを巡っては、中国金融サービス大手のアントに続いてフィンテック規制の次期ターゲットになる——との観測が浮上。朝方は小じっかりで推移していたが、後場途中に売りが入り4.4%安で引けた。香港の各指数もそれにあわせ、下げ幅を広げている。(亜州リサーチ編集部)


そのほかハンセン指数の構成銘柄では、生命保険業務のAIAグループ(1299/HK)が5.3%安、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が4.7%安と下げが目立った。AIAは12日に報告した通期決算は3%減益となっている。


セクター別では、非鉄が安い。新疆新キン鉱業(3833/HK)が8.2%、中国アルミ(チャルコ:2600/HK)が5.0%、江西銅業(358/HK)が3.8%、洛陽モリブデン集団(3993/HK)が3.4%、五鉱資源(1208/HK)が2.8%ずつ下落した。


半導体と通信キャリアもさえない。華虹半導体(1347/HK)が6.5%安、中芯国際集成電路製造(SMIC:981/HK)が4.5%安、ASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)が2.6%安、中国聯通(チャイナ・ユニコム:762/HK)が4.3%安、中国移動(941/HK)が2.5%安で引けた。中国聯通の通期決算は1割増益。市場予想を下回った。


半面、不動産管理サービスの銘柄群は物色される。融創服務HD(1516/HK)が5.5%高、雅居楽雅生活服務(3319/HK)が2.3%高、世茂服務HD(873/HK)が1.9%高、保利物業発展(6049/HK)が1.7%高、碧桂園服務HD(6098/HK)が1.1%高で取引を終えた。そのほか、民営デベロッパーの融創中国HD(SUNACチャイナ・ホールディングス:1918/HK)が7.1%高と急伸している。同社の通期決算は4割増益。市場予想を上回った。


一方、本土市場は続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比0.47%高の3453.08ポイントで取引を終了した。発電株が高い。不動産株、素材株、エネルギー株、インフラ関連株、銀行株なども買われた。半面、ハイテク株は安い。食品飲料株、医薬品株、保険株も売られた。

亜州リサーチ(株)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up