for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

26日の中国本土市場概況:上海総合1.63%高で4日ぶり反発、ガラス・観光など高い


*17:03JST 26日の中国本土市場概況:上海総合1.63%高で4日ぶり反発、ガラス・観光など高い
26日の中国本土市場は、主要指標の上海総合指数が前日比54.74ポイント(1.63%)高の3418.33ポイントと4日ぶりに反発した(上海A株指数は1.56%高の3580.42ポイント)。


自律反発狙いの買いが優勢。上海総合指数は前日まで下落基調を強め、足もとでは年初来安値(3357.73ポイント)に接近していた。2020年12月期決算の発表がスタートするなか、業績動向を手がかりにした物色も活発化している。外部環境の改善もプラス。経済活動の早期正常化が期待される中、昨夜の米株市場では主要株価指数がそろって反発している。(亜州リサーチ編集部)


業種別では、ガラス、ホテル観光、醸造、自動車株が高い。ガラス・フィルムの凱盛科技(600552/SH)がストップ高、医薬用ガラス製品の山東省薬用玻璃(600529/SH)が8.8%高、ホテル経営の北京首旅酒店(6002589/SH)が6.1%高、免税店運営の中国旅遊集団中免(601888/SH)が4.8%高、山西杏花村フェン酒(600809/SH)が5.3%高で引けた。ほかピックアップトラック・SUV生産の長城汽車(600809/SH)が9.9%高と大きく値を上げている。


半面、メディア・エンタテインメント、材料・対外貿易株は安い。アニメ制作などを手がける山西広和山水文化伝播(600234/SH)が3.2%安、貿易会社の江蘇弘業(600128/SH)が7.9%安で取引を終えた。


一方、外貨建てB株相場は値上がり。上海B株指数が1.15ポイント(0.47%)高の243.50ポイント、深センB株指数が13.11ポイント(1.19%)高の1110.58ポイントで終了した。

亜州リサーチ(株)







《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up