for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

26日の香港市場概況:ハンセン1.6%高と6日ぶり反発、内外環境が改善


*18:00JST 26日の香港市場概況:ハンセン1.6%高と6日ぶり反発、内外環境が改善
26日の香港市場は、主要55銘柄で構成されるハンセン指数が前日比436.82ポイント(1.57%)高の28336.43ポイントと6日ぶり、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が221.79ポイント(2.06%)高の10966.06ポイントと4日ぶりにそれぞれ反発した。売買代金は1839億400万香港ドルにやや縮小している(25日は2004億7900万香港ドル)。


内外環境の改善で投資家心理が上向く流れ。経済活動の早期正常化が期待される中、昨夜の米株市場では主要株価指数がそろって反発した。バイデン米大統領は25日、就任後初の記者会見に臨み、新型コロナウイルスのワクチン接種を4月末までに2億回とする新目標を表明(従来目標から倍増)。米景気の回復が中国にも恩恵を及ぼすと期待された。また、中国本土では預金準備率の引き下げ観測が浮上。中国メディアの報道によれば、特定の銀行に流動性を増加させ、資金需要が活発化する4月の資金ひっ迫を避ける狙いだ。(亜州リサーチ編集部)


ハンセン指数の構成銘柄では、バイオ医薬品開発受託会社の薬明生物技術(2269/HK)が6.6%高、スマートフォン中国大手の小米集団(シャオミ・コーポレーション:1810/HK)が6.3%高、スポーツ用品大手の安踏体育用品(ANTAスポーツ・プロダクツ:2020/HK)が5.6%高と上げが目立った。小米に関しては、長城汽車(2333/HK)の工場を借り受け、電気自動車(EV)を生産する計画がある——などと伝えられたことが刺激材料。その長城汽車も10.4%高と急伸している。


他のハンセン銘柄では、不動産デベロッパー大手の碧桂園HD(2007/HK)が8.1%上昇。同業の龍湖集団HD(960/HK)も5.8%値上がりした。うち龍湖集団は本日昼休みに20年12月期の業績を発表。不動産販売の好調で増益を確保している。


業績動向を手がかりにした動きでは、建設機械メーカー中国大手の中国龍工HD(3339/HK)が18.5%高。19%増益を達成した上で、増配方針を発表している。そのほか中信銀行(998/HK)が1.8%高。20年12月期決算は2%増益となり、不良債権比率も改善した。


半面、業績が低迷した銘柄群の一角はさえない。通信設備メーカー大手の京信通信系統HD(コムバ・テレコムシステムズ:2342/HK)が4.8%安と続落した。コロナ禍による通信ネットワークの建設遅延などが影響し、通期決算は赤字に転落している。


一方、本土市場は4日ぶりに反発。主要指標の上海総合指数は、前日比1.63%高の3418.33ポイントで取引を終了した。消費関連株が高い。ホテル・観光株、自動車株、不動産株、建材株、非鉄金属株なども幅広く買われた。

亜州リサーチ(株)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up