for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

31日の香港市場概況:ハンセン0.1%高で続伸、美団11%上昇


*18:00JST 31日の香港市場概況:ハンセン0.1%高で続伸、美団11%上昇
週明け31日の香港市場は、主要55銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比27.39ポイント(0.09%)高の29151.80ポイントと続伸し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が95.57ポイント(0.89%)高の10889.12ポイントと3日ぶりに反発した。売買代金は1522億3500万香港ドルとなっている(28日は1727億4300万香港ドル)。


中国本土の株高が相場を支える流れ。上海総合指数が中盤からプラスに転じる中、ハンセン指数もそれに連れ引けにかけて買いが優勢となった。人民元高の進行、新型コロナウイルスワクチンの接種ペース拡大などが手がかり。中国国家衛生健康委員会の専門家チームトップを務める鍾南山氏によれば、中国コロナワクチン接種率は2021年末までに約80%に達する可能性があるという。経済活動の早期正常化も期待される状況だ。なお、朝方公表された5月の中国指標では、製造業PMIがやや下振れる半面、非製造業PMIはやや上振れている。(亜州リサーチ編集部)


ハンセン指数の構成銘柄では、飲食ポータルサイトの美団(メイトゥアン:3690/HK)が10.9%高、バイオ医薬品開発受託会社の薬明生物技術(ウーシー・バイオロジクス:2269/HK)が5.4%高、医薬品メーカーの石薬集団(1093/HK)が4.5%高と上げが目立った。美団が公表した1〜3月期決算は赤字幅が拡大したものの、嫌気する売りは限定的。売上高が予想を上回ったこともあり、先行きの業績成長に対する期待感が広がった。


「ニューエコノミー」関連銘柄もしっかり。ITやハイテクなどで構成されるハンセン科技指数は1.8%高と反発した。主要な構成銘柄では、上記した美団のほか、騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が2.9%高、百度集団(バイドゥ:9888/HK)が2.5%高、小米集団(シャオミ・コーポレーション:1810/HK)が2.3%高、阿里巴巴集団HD(アリババ・グループ・ホールディング:9988/HK)が1.7%高と値を上げている。


医薬品セクターも高い。上述した薬明生物技術や石薬集団のほか、四環医薬HD集団(460/HK)が10.8%、康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス:6185/HK)が8.5%、百済神州(ベイジーン:6160/HK)が8.9%、広州白雲山医薬集団(874/HK)が4.2%ずつ上昇した。


他の個別株動向では、子供用品大手の好孩子国際HD(グッドベビー・インターナショナル・ホールディングス:1086/HK)が30.9%高。中国の産児制限緩和が材料視された。


半面、空運やカジノのレジャー関連はさえない。中国南方航空(1055/HK)が4.7%、中国東方航空(670/HK)が4.1%、中国国際航空(753/HK)が3.6%、国泰航空(キャセイ航空:293/HK)が1.3%、銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が3.2%、金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が2.8%ずつ下落した。


そのほか、重電グループ大手の上海電気集団(2727/HK)が17.8%安と急落。同社は30日、子会社の上海電気通訊技術について、ある顧客に対する売掛金の回収が困難となっていると公表した。未回収となれば、グループ全体で83億人民元(約1430億円)の損失を計上する恐れがあるという。


一方、本土市場は反発。主要指標の上海総合指数は、前営業日比0.41ポイント高の3615.48ポイントで取引を終了した。ハイテク株が高い。医薬品株、紙パルプ株、非鉄株、防衛関連株、公益株、不動産株、自動車関連株の一角なども買われている。半面、金融株は安い。運輸株、エネルギー株も売られている。

亜州リサーチ(株)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up