for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2日の香港市場概況:ハンセン0.6%安で4日ぶり反落、医薬品セクターに売り


*18:00JST 2日の香港市場概況:ハンセン0.6%安で4日ぶり反落、医薬品セクターに売り
2日の香港市場は、主要55銘柄で構成されるハンセン指数が前日比170.38ポイント(0.58%)安の29297.62ポイントと4日ぶり、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が38.91ポイント(0.35%)安の10951.84ポイントと3日ぶりにそれぞれ反落した。売買代金は1502億3100万香港ドルとなっている(1日は1569億9400万香港ドル)。


中国発の新規買い材料に乏しい中で、売り圧力が意識される流れ。ハンセン指数は前日まで3日続伸し、足もとで約3カ月ぶりの高値水準を切り上げていた。上海株が高寄り後に下げたことも、投資家心理の重しとなっている。もっとも、大きく売り込む動きはみられない。米中関係の改善期待が高まっている。中国の劉鶴・副首相と米国のイエレン財務長官は2日午前(日本時間)、ビデオ会談を行った。中国国営メディアによれば、米中経済関係の重要性を互いに確認したという。(亜州リサーチ編集部)


ハンセン指数の構成銘柄では、バイオ医薬品開発受託会社の薬明生物技術(ウーシー・バイオロジクス:2269/HK)と電動工具メーカー大手の創科実業(テクトロニック・インダストリーズ:669/HK)、乳製品メーカー中国大手の中国蒙牛乳業(2319/HK)がそろって3.0%安と下げが目立った。


セクター別では、医薬品が安い。上記した薬明生物技術のほか、緑葉製薬集団(2186/HK)が3.0%、山東新華製薬(シャンドン・シンファ・ファーマシューティカル:719/HK)が2.7%、百済神州(ベイジーン:6160/HK)が2.6%、康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス:6185/HK)が2.0%ずつ下落した。


非鉄や鉄鋼の素材セクターもさえない。新疆新キン鉱業(3833/HK)が3.5%安、江西銅業(358/HK)が1.6%安、中国アルミ(チャルコ:2600/HK)が0.9%安、重慶鋼鉄(1053/HK)が4.1%安、鞍鋼(347/HK)が1.8%安、馬鞍山鋼鉄(323/HK)が1.6%安で取引を終えた。


半面、自動車セクターは高い。吉利汽車HD(175/HK)が5.9%、東風汽車集団(489/HK)が3.6%、広州汽車集団(2238/HK)が2.2%、長城汽車(2333/HK)が1.6%ずつ上昇した。民間自動車メーカーの吉利汽車に関しては、新モデル車の販売見通しが刺激。高級電気自動車(EV)の新ブランド「ZEEKR」について、今年第4四半期(10〜12月)にファーストモデル「ZEEKR 001」を出荷開始するなどと報じられた。


一方、本土市場は3日ぶりに反落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.76%安の3597.14ポイントで取引を終了した。医薬品株が安い。消費関連株、ハイテク株、素材株、運輸株、証券・保険株なども売られた。半面、自動車株は高い。銀行株やエネルギー株、公益株の一角も買われた。

亜州リサーチ(株)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up