for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

4日の香港市場概況:ハンセン0.2%安で3日続落、ハイテク株に売り


*18:00JST 4日の香港市場概況:ハンセン0.2%安で3日続落、ハイテク株に売り
4日の香港市場は、主要55銘柄で構成されるハンセン指数が前日比47.93ポイント(0.17%)安の28918.10ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)は21.14ポイント(0.20%)安の10805.64ポイントとそろって3日続落した。売買代金は1929億9600万香港ドルとなっている(3日は1389億3200万香港ドル)。


ハンセン指数は上下にもみ合う展開。この日の本土株高は下支えとなったものの、米中対立の悪化懸念が重しとなった。週明け以降に中国で5月の重要経済指標が発表されることも様子見ムードにつながっている。(亜州リサーチ編集部)


ハンセン指数の構成銘柄では、ハイテク株の下げが目立つ。フードデリバリーの美団(メイトゥアン:3690/HK)が1.7%安、スマホの小米集団(シャオミ・コーポレーション:1810/HK)が1.5%安、ネットサービスの騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が0.7%安と大きく下落した。うち美団を巡っては、中国政府が3日、同社を含む「シェアリング消費」分野の主要ブランド運営会社に対し、公正な市場競争を求めて行政指導したと発表している。


このほか、医薬セクターも総じて軟調。石薬集団(CSPCファーマシューティカル・グループ:1093/HK)が1.6%、中国生物製薬(サイノ・バイオファーマシューティカル:1177/HK)が1.1%ずつ下げた。


半面、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が6.2%高と急伸。民族ブランド車のシェア拡大が期待されている。中国で新エネルギー車販売が堅調な伸びを示す中にあって、米電気自動車(EV)大手テスラの5月販売は前月から半減した。ハンセン銘柄以外でも、長城汽車(2333/HK)が6.2%高、比亜迪(BYD:1211/HK)が1.2%高で引けた。


うちBYDに関しては、週明け7日付でハンセン指数、中国本土株指数の構成銘柄に採用される。同社株は5月20日〜6月2日に10連騰した後、昨日(3日)は反落。本日は再び買い戻された。


一方、本土市場は3日ぶり反発。主要指標の上海総合指数は、前日比0.21%高の3591.84ポイントで取引を終了した。酒造株、銀行株、保険株などが高い。半面、資源・素材株、港湾株などが売られた。

亜州リサーチ(株)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up