for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

21日の香港市場概況:ハンセン1.1%安で3日ぶり反落、非鉄セクター下げ目立つ


*18:00JST 21日の香港市場概況:ハンセン1.1%安で3日ぶり反落、非鉄セクター下げ目立つ
週明け21日の香港市場は、主要58銘柄で構成されるハンセン指数が前日比312.27ポイント(1.08%)安の28489.00ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が98.53ポイント(0.93%)安の10547.86ポイントとそろって3日ぶりに反落した。売買代金は1573億200万香港ドルに縮小している(18日は2055億300万香港ドル)。


外部環境の不透明感が嫌気される流れ。米連邦準備理事会(FRB)が利上げ再開時期を前倒しするとの見方が浮上する中、先週末の米株は急落した。セントルイス地区連銀のブラード総裁は18日、米メディアのインタビューに答え、「インフレ加速により、FRBは2022年にも最初の利上げを実施するだろう」と明言。先ごろ開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)では、2023年内の利上げ予想が示されていた。(亜州リサーチ編集部)


ハンセン指数の構成銘柄では、中国中堅デベロッパーの龍湖集団HD(960/HK)が6.9%安、火鍋チェーン最大手の海底撈国際HD(ハイディラオ・インターナショナル・ホールディング:6862/HK)が5.1%安、電動工具メーカー大手の創科実業(テクトロニック・インダストリーズ:669/HK)が4.8%安と下げが目立った。


セクター別では、非鉄関連が安い。中国アルミ(チャルコ:2600/HK)が3.4%、江西カン鋒リ業(ガンフェン・リチウム:1772/HK)が2.8%、洛陽モリブデン集団(3993/HK)が2.7%、江西銅業(358/HK)が2.0%ずつ下落している。この日の上海期貨交易所(上海商品先物取引所)では、主要な非鉄の先物価格が安く推移した。


本土系の保険セクターもさえない。中国平安保険(2318/HK)と中国太平洋保険集団(2601/HK)がそろって1.8%安、新華人寿保険(1336/HK)が1.5%安、中国人寿保険(2628/HK)が1.2%安で取引を終えた。


海運セクターも売られる。海豊国際HD(SITCインターナショナル・ホールディングス:1308/HK)が4.2%安、中遠海運HD(1919/HK)が3.6%安、太平洋航運集団(2343/HK)が2.7%安、中遠海運能源運輸(1138/HK)が1.6%安で引けた。


半面、鉄鋼セクターは高い。鞍鋼(アンガン・スチール:347/HK)が4.3%、重慶鋼鉄(1053/HK)が3.1%、中国東方集団HD(581/HK)が2.9%、馬鞍山鋼鉄(323/HK)が2.4%ずつ上昇した。アンガンに関しては、6月中間期の純利益が前年同月比で9.6倍に膨らむとの見通しを明らかにしたことが材料視されている。


スマートフォン部材・組立てや半導体の銘柄群も急伸。丘タイ科技(Qテクノロジー:1478/HK)が13.9%高、高偉電子HD(コーウェル・イー・ホールディングス:1415/HK)が8.7%高、瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)が5.1%高、上海復旦微電子集団(1385/HK)が14.8%高、晶門半導体(ソロモン・システック:2878/HK)が10.3%高と値を上げた。半導体株については、政府の産業支援策に対する期待感が続いている。「半導体国産化実現のため、約1兆米ドルの中国政府資金が用意されている」などと報じられた。


一方、本土市場は反発。主要指標の上海総合指数は、前営業日比0.12%高の3529.18ポイントで取引を終了した。ハイテク関連株が高い。医薬品株、鉄鋼株、自動車株、発電株、防衛関連株なども買われた。半面、保険株は安い。食品飲料株、運輸株、不動産株、非鉄株も売られた。

亜州リサーチ(株)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up