for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ハンセン0.3%安で6日続落、医薬・自動車株に売り(訂正)


*18:07JST ハンセン0.3%安で6日続落、医薬・自動車株に売り(訂正)
下記のとおり修正します。
(誤)ハンセン0.3%安で6日続落、医薬・自動車株に売り
(正)6日の香港市場概況:ハンセン0.3%安で6日続落、医薬・自動車株に売り(訂正)

6日の香港市場は、主要58銘柄で構成されるハンセン指数が前日比70.64ポイント(0.25%)安の28072.86ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が4.58ポイント(0.04%)安の10269.60ポイントとそろって6日続落した(ハンセン指数は約1カ月半ぶり安値)。売買代金は1448億5800万香港ドルに縮小している(5日は1653億9400万香港ドル)。


相場を動かす新規材料に乏しい中、一部セクターが急落し、投資家心理が悪化する流れ。国家薬品監督管理局は医薬品開発(臨床試験)を巡り、新たなガイドラインの草案を公表している。新薬開発をめぐる不透明感が意識された。このところ中国では、ネット企業に対する締め付けが強められている。もっとも、大きく売り込む動きはみられない。指数は引けにかけて下げ幅を縮小した。(亜州リサーチ編集部)


ハンセン指数の構成銘柄では、医薬・医療関連が安い。バイオ医薬開発受託の薬明生物技術(ウーシー・バイオロジクス:2269/HK)が8.4%、医療サービス企業の阿里健康信息技術(アリババ・ヘルス・インフォメーション・テクノロジー:241/HK)が5.6%、医薬品メーカーの石薬集団(1093/HK)が4.2%ずつ下落した。


自動車セクターもさえない。東風汽車集団(489/HK)が4.1%安、比亜迪(BYD:1211/HK)が3.6%安、広州汽車集団(2238/HK)が1.7%安、長城汽車(2333/HK)が1.3%安、吉利汽車HD(175/HK)が1.2%安で引けた。販売低迷が嫌気される。中国汽車工業協会は5日、国内の6月新車販売が速報ベースで192万6000台に低迷したと報告した。前年同月比で16.3%減、前月比で9.5%減となる。


半面、保険・銀行セクターはしっかり。中国太平洋保険集団(2601/HK)が3.3%高、中国人民財産保険(PICC:2328/HK)が1.8%高、中国平安保険(2318/HK)が1.3%高、招商銀行(3968/HK)が1.9%高、中国農業銀行(1288/HK)が0.8%高、交通銀行(3328/HK)が0.6%高で取引を終えた。


農業関連セクターも物色される。肥料販売中国最大手の中化化肥HD(サイノフェルト:297/HK)が12.3%高、窒素系肥料メーカーの中海石油化学(チャイナ・ブルーケミカル:3983/HK)が11.1%高、野菜・果樹栽培業者の中国緑色食品HD(904/HK)が5.0%高と値を上げた。


一方、本土市場は反落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.12%安の3530.26ポイントで取引を終了した。医薬品株が安い。ハイテク株、食品飲料株、銀行株、自動車株なども売られた。半面、不動産株は高い。資源・素材株、保険株、公益株も買われた

亜州リサーチ(株)




《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up