Reuters logo
Jアラート番組変更で対応追われ
2017年9月15日 / 08:56 / 5日前

Jアラート番組変更で対応追われ

 北朝鮮のミサイル発射を受け、テレビ各局は15日朝、予定されていた番組をミサイル発射関連の番組に変更するなどして、ミサイルの落下地点や政府の反応を放送し、対応に追われた。

 NHKは、朝のニュース番組「おはよう日本」を放送中の午前7時1分、台風接近のニュースの途中で、全国瞬時警報システム(Jアラート)の「国民保護に関する情報」という画面に切り替えた。男性アナウンサーが「北朝鮮からミサイルが発射されたもようです」と繰り返し、建物の中や地下への避難を呼び掛けた。

 その後も、連続テレビ小説の放送を休止するなどして、午前10時すぎまでミサイル関連の番組を放送した。

【共同通信】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below