Reuters logo
正恩氏、核実戦配備に言及
2017年9月16日 / 10:20 / 6日前

正恩氏、核実戦配備に言及

正恩氏、核実戦配備に言及

 【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は中距離弾道ミサイル「火星12」の発射訓練を視察した際、「核弾頭の実戦配備」に言及、米国に対抗する抑止力構築を加速させる姿勢を示した。国営メディアが16日伝えた。開発がどこまで進んでいるかは不明だが、トランプ米政権の軍事行動をけん制する狙いがありそうだ。日米韓は、北朝鮮が10月10日の党創建記念日を控え、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」を太平洋に発射する恐れもあるとみて警戒している。

 北朝鮮は15日早朝、弾道ミサイルを発射、北海道上空を通過し約3700キロ飛行した。報道はこれについて伝えたとみられる。

【共同通信】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below