Reuters logo
フェンシング、敷根4強残れず
2017年11月11日 / 09:30 / 7日後

フェンシング、敷根4強残れず

 フェンシングの高円宮杯ワールドカップ(W杯)第2日は11日、東京・駒沢体育館で男子フルーレ個人の決勝トーナメントが行われ、7月の世界選手権で銅メダルを獲得した敷根崇裕(法大)は準々決勝でエルワン・ルペシュー(フランス)に敗れ、4強入りは果たせなかった。

フェンシング、敷根4強残れず

 世界選手権銀メダルの西藤俊哉(法大)は2回戦敗退。8月のユニバーシアード夏季大会で銀メダルに輝いた松山恭助(早大)は1回戦で敗れた。

【共同通信】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below