December 21, 2017 / 3:40 AM / 6 days ago

奈良の乳児死亡、父無罪

 奈良県天理市の自宅で昨年12月、生後5カ月の長女を暴行し死亡させたとして、傷害致死罪に問われた父親の工員滝川奈緒哉被告(24)の裁判員裁判で、奈良地裁は21日、無罪判決を言い渡した。求刑は懲役8年。

 西川篤志裁判長は判決理由で、捜査官から追及を受け、家族をかばうために犯行態様について供述を変遷させた疑いがあると指摘。「虚偽の自白をした可能性があり、信用性に欠ける」と主張した。長女の頭のけがについても証拠の裏付けがないと述べた。

 検察側は論告で、被告が普段から顔を殴るなどし「暴力がエスカレート」と指摘。弁護側は布団に誤って落としたのが原因だと主張していた。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below