December 22, 2017 / 4:01 AM / 7 days ago

「体触ろうと思った」容疑者供述

 和歌山県田辺市で小学生の女児がスプレーを顔に噴射され大けがをした事件で、傷害容疑で逮捕された同市臨時職員の宮下裕介容疑者(20)=同市新屋敷町=が「女児の体を触ろうと思っていた」と供述していることが22日、県警への取材で分かった。県警は同日、強制わいせつ致傷容疑で送検した。

 県警によると、宮下容疑者は当初「女児が車の前に飛び出して腹が立った」と話していたが、その後「体を触ろうと思っていた。泣かれたので逃げた」と供述を変えた。

 送検容疑は19日午後、同市の県道で女児の顔にわいせつ目的のためスプレー缶で液体を噴射し、顔の皮膚がただれる大けがをさせた疑い。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below