January 16, 2018 / 9:00 PM / a month ago

鎮魂と継承、願う1日

 6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から23年となった。大きな被害が出た兵庫県内の各地で、犠牲者の鎮魂と記憶の継承を願う追悼行事があり、地震発生の午前5時46分に黙とうした。

 歳月の経過で、震災の経験を共有することは年々難しさを増している。日本列島では地震、噴火、台風など自然災害による犠牲が相次ぎ、南海トラフ巨大地震など将来予想される自然災害への懸念も拡大。大地震による苦境から復興へ向かったこれまでの歩みを語り継ぎ、次世代の教訓とすることが求められている。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below