January 18, 2018 / 1:41 AM / 5 months ago

刑法犯認知件数、最少を更新

 2017年に全国の警察が認知した刑法犯は91万5111件で、戦後初めて100万件を割り込んだ16年をさらに8万1009件下回って過去最少を更新したことが18日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。人口千人当たりの認知件数も7・2件で最少となった。

刑法犯認知件数、最少を更新

 警察庁によると、認知件数は02年の約285万件をピークに減少が続き、窃盗犯の大幅減が主な要因。一方、架空請求詐欺や略取誘拐・人身売買などは増加傾向で、担当者は「組織犯罪の傾向が特殊詐欺やサイバー犯罪に移行している可能性がある」と分析する。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below