January 20, 2018 / 12:39 PM / a month ago

稀勢の里、初場所5日目出場

 大相撲初場所4日目まで1勝3敗と不振の西横綱稀勢の里関(31)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=は18日、東京都江戸川区の部屋での朝稽古後に「やると決めたら最後までやり抜く。変わらず集中してやっていきたい。(体の状態は)悪くない」と5日目の出場を明言した。稽古では、すり足、てっぽうなどで汗を流した。

 4場所連続休場明けの稀勢の里関は2日目に初勝利を挙げたが、3日目から連敗と精彩を欠いている。5日目は平幕嘉風関と対戦。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「星は上がっていないが、やり続けることで見えてくるものがある。ここで踏ん張ってほしい」と述べた。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below