January 20, 2018 / 12:39 PM / 4 months ago

卓球、張本がジュニア最年少V

 卓球の全日本選手権第4日は18日、東京体育館で行われ、ジュニアの部シングルスで男子の張本智和が初優勝し、水谷隼の持っていた中学2年での男子の最年少記録に並んだ。女子は長崎美柚が初優勝した。

卓球、張本がジュニア最年少V

 混合ダブルスは決勝で森薗政崇、伊藤美誠組が軽部隆介、松本優希組を3―0で下して初の日本一。世界選手権個人戦金メダルの吉村真晴、石川佳純組は準決勝で軽部、松本組に敗れた。

 シングルスは男女4回戦から有力シード選手が登場し、女子の平野美宇や石川、伊藤、男子の水谷、張本らが初戦を順当に勝ち上がった。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below