January 20, 2018 / 12:40 PM / 7 months ago

卓球、張本は男子単で最年少8強

 卓球の全日本選手権第5日は19日、東京体育館で行われ、男子シングルスで最年少優勝を狙う14歳の張本智和が5、6回戦を突破して準々決勝に進んだ。日本卓球協会によると、同種目で14歳での8強入りは2005年度に16歳で進出した水谷隼を更新し史上最年少。10度目の頂点を目指す水谷も順当に勝ち上がった。

卓球、張本は男子単で最年少8強

 世界ランキングで日本勢最高の6位の丹羽孝希と吉村真晴は5回戦で敗退した。

 女子シングルスは2連覇が懸かる平野美宇、6回戦で早田ひなを下した石川佳純、伊藤美誠らが準々決勝に勝ち上がった。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below