January 20, 2018 / 12:40 PM / 7 months ago

森保監督「タフさ培って」

 【江陰(中国)共同】サッカーのU―23(23歳以下)アジア選手権で、0―4でウズベキスタンに敗れた準々決勝から一夜明けた20日、U―21日本代表の森保一監督が中国の江蘇省江陰で取材に応じ「連戦で少し動きだしが遅くなっていた。タフさを培うには、試合に出続けることが大切」と、所属クラブでポジションをつかむことを選手に求めた。

森保監督「タフさ培って」

 日本は2020年東京五輪世代となる21歳以下の編成で参加した。監督は「プレッシャーを回避する判断のスピードを上げることはやっていかないと」と課題を挙げた一方「全体のイメージとしては悪くない」と戦術の浸透に手応えも示した。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below