January 21, 2018 / 8:19 AM / 3 months ago

自治体が街づくり支援

 地方自治体が地域活性化を後押しするため、街づくりの活動資金を地域全体の店舗から集める制度を創設する「地域再生法改正案」の概要が判明した。地権者らでつくる運営団体が、対象地域の事業者のうち3分の2以上の同意を得ることが要件。支払いを拒否した場合は自治体が強制徴収する。政府は2月上旬に閣議決定し、通常国会での成立を目指す。関係者が21日、明らかにした。

 新制度の名称は「地域再生エリアマネジメント負担金制度」。自治体が運営団体に代わり地域の店舗やホテルなどの事業者から分担金を集め、オープンカフェ設置や集客イベントなどの経費として交付する仕組みだ。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below